Dr.アライタケル 脱退について

  3/31をもちまして、Dr.アライタケルがモノミユを脱退致します。
  残り2本(3/17立川BABEL、3/31吉祥寺shuffle)のライブについてはアライタケルと、今までのモノミユとして出演させていただきます。今後のドラムのメンバーに関しては未定ですが、これまでと変わらず応援よろしくお願い致します。


  以下、メンバーコメント

皆さまご無沙汰しております。いつも応援して頂き本当にありがとうございます。
いつも暖かく見守ってくださる皆様や、バンド内のメンバーに支えられ、私にとって大変恵まれた環境であるこの"モノミユ"というバンドを脱退するという決断に至った理由は主に2つあります。
一つは自身の就職に伴い、学生時代よりも時間の制約がかかることでバンドメンバーはもちろん、ライブハウスのスタッフ様及びその他関係者の皆様にご迷惑をかけてしまうと感じたためです。
二つ目は、私自身が他のメンバーに比べて、今後自分なりの音楽を追求し、真摯に打ち込んでいくという覚悟が無かったと感じたことです。
とはいえ、私自身"モノミユ"というバンドが大好きであり、これからも個性的なライブサウンドを作り続けてほしいと願ってやまないと感じています。
一緒にそれを作っていけないというのは残念な気持ちもあります。しかし一方で、これからどんなモノミユらしい音楽を作り出してくれるのか元メンバーとして楽しみでもあります。 
どうかこれからも、変わらぬご声援賜りますよう心よりお願い申し上げます。
私自身も技術、内面共に精進しつつ、できる範囲で彼らを支えていきたいと思います。
それでは、また。

Dr. アライタケル

約1年モノミユのドラムとして活動してくれてありがとう。振り返ると意外と短くてびっくりしています。
彼がいなかったら出来なかった繋がりが沢山出来ました。アライタケルがいなくなってしまうのはすごく寂しいけど、4月からはまたお互い頑張りたいと思います。

Vo. わかな


ありがとうアライ
さらばアライ
頑張れ俺
Gt. サトシ

アライタケルとはこのバンドでは1年ほどの付き合いでしたが、学生の頃を合わせるとかれこれ4年の付き合いになります。
色々なコピーバンドをしてきたり、時にはこのバンドとは別にオリジナルの曲を作っていたりしました。それ故にアライタケルのドラムに合わせることは僕にとって息をするのと同じようなことでした。
そんなドラマーを失うことは悲しいですが、きっとまたどこかで一緒にバンドをする機会があるので、不思議と辛くはありません。
彼と躍進した2018年は僕たちにとって大きな一歩になりました。感謝でいっぱいです。
ありがとうございました。

Ba.イマイ・イマイマ



モノミユ official website

“モノミユ”オフィシャルホームページです 大人になってしまった僕からあなたに。

0コメント

  • 1000 / 1000